鼻うがい

みなさんは鼻うがいをご存知でしょうか?鼻うがいは鼻の中をうがいの要領で洗い流す健康法で蓄膿や花粉症などに効果がありますが、実は鼻うがいは鼻筋を通す美容法としても一部で人気があります。

蓄膿気味で鼻うがいをした人達の中に「鼻が小さくなった」「細くなった」という感想を持つ人達がいるのです。そうした鼻の形が変わった気がするという人達の中で一番多いのは「鼻筋が通った」という声です。

中にはただの思い込みという場合もありそうですが、鼻うがいで鼻筋が通ったという声があることも事実です。もし豚鼻や団子鼻で鼻がつまり気味なのであれば一度鼻うがいを試してみてはいかがでしょうか?

鼻うがいのやり方

1 ぬるま湯に塩を入れ、濃度1パーセントほどの食塩水を作る
2 鼻を抑え、もう片方の鼻で食塩水を喉のあたりまで吸い込む
3 吸い込んだ食塩水を口から吐く

鼻うがいの注意点
1:回数をやりすぎない。一日に左右それぞれ5~10回ほどで止める
2:塩水はちゃんと作る

特に塩水は大切です。鼻の中は粘膜なので不衛生な環境だと逆に炎症起こしかねません。鼻うがいを行う時は塩水をしっかり作って衛生面に気を配って行うようにしましょう。

作るのが面倒だったり不安な人は鼻うがい液を使うと良いでしょう。はじめて鼻うがいをする人にはハナノア  鼻うがい (洗浄器具+専用洗浄液300ml)がおすすめです。

こうした鼻うがい用の製品を使うと初心者の方でも比較的痛みを感じることなく、衛生的にも安全に行うことが出来ます。もし面倒臭がって塩水なりうがい液なりを準備しないと、粘膜が傷つきまくって痛みで地獄をみるハメになります。イメージ的には子供のころプールで鼻から水を吸い込んだ時のアレです。気をつけましょう。

スポンサーリンク