鼻を高くしてごまかす

今回の対策はズバリごまかし、逃げの方法です。

つまり「これは豚鼻じゃないんだよ、鼻が高いからそう見えてるだけなんだよ~」とごまかすと同時に、鼻が高い事の優位性をアピールするのです。しかも実際に鼻が高いとある程度豚鼻が目立たなくなる素晴らしいメソッドです。

しかしそのためには当然鼻が高くなければいけないので、実際に高くして既成事実化する必要があります。なので頑張って実際に高くしましょう。

写メのスタンプでブスは隠せない

豚鼻の定義は「鼻の穴が正面からはっきり見えている状態」です。

笑われるような顔ではない普通の人でも少しは見えているものですが、整形したくなるレベルの人はそれこそまるで豚の様に丸見えになっています。前世で豚に何か悪いことでもしたのか?と疑いたくなるレベルです。

これはなんとかしなければなりません。しかし豚鼻をごまかす方法として何があるでしょうか?ブス隠しでマスクをつける人や写メで鼻のところにスタンプを押す人もいますが、どれもコンプレックス丸出しで恥ずかしいです。

そもそも相手にも隠そうとしているのがバレバレなので「隠そうとしてるんだな、ブスでかわいそうに」と思われてしまいます。しかもマスクの下も写メのスタンプの下も依然としてブサイクなフェイスは存在しつづけているのです。

このようにその場のしのぎ的に隠すのではなく、もっと堂々とごまかすにはどうすれば良いのでしょうか?

高くすることで鼻の穴とのバランスをとる

実は良い方法があります。それは鼻を高くすることです。豚鼻なのではなく、あくまで鼻が高いから穴も少し大きいだけだと言うことにするのです。背が高い人が平均より体重が重くても、それをデブだという人間はいません。これと同様に鼻の穴が人より大きく見えることを正当化するのです。

それでは豚鼻を隠すために高くする方法です。ここでは2種類の方法を説明しています。

ノーズクリップ法(洗濯バサミではさむアレ)
グリグリ法

の二つです。ノーズクリップ方はその名の通り、鼻を洗濯バサミのようなものではさむことでその状態を固定化し鼻をシャープにする方法です。道具が必要な分面倒なコンプレックス解消法と言えます。

それに対しグリグリ法は、名前の通り鼻をぐりぐりして鼻を高くします。特別な道具も必要ないため、気が向いたときにいつでも行うことが出来ます。見た目のコンプレックスを消すにはそのための努力の継続が不可欠ですが、その点この方法はいつでも実行可能です。継続しやすいと思います。様々なところでこの鼻を高くするやり方は紹介されていますがこれも多くの他の方法と同様に、指でグリグリと鼻を刺激します。メジャーな方法の一つです。

鼻筋をグリグリして高くする

1 鼻の付け根を人差し指と親指で軽く抑える
2 左右にグリグリする
3 ぐりぐりしながら鼻先まで下ろす

以上1~3を5・6セット、痛くならない範囲でやります。注意点として、バキバキ鳴らさないでください。

ここで紹介している意外の方法には低い鼻が整形せずに高くなる1日3分の運動があります。こちらは鼻ではなく顔全体のバランスに着目して矯正することで鼻を高くする方法です。

スポンサーリンク