鼻をつまむ事で形を整える

鼻の形はつまむ事で少しずつ整えていくことができます。鼻の形が悪いことがコンプレックスになっている人は参考にしてみてください。

コンプレックスを解消するためには目的によってつまむ場所を変える必要があることをご存知でしょうか?実は容貌の悩みに応じて、鼻のつまみ方は異なるのです。

ゴリラのように鼻の穴が見えている場合はどのようにつまめば良いのでしょう?まずは一つずつポイントを抑えていきたいと思います。

鼻の穴を見えなくするならつまむ場所が大事

鼻はつまめば形は変わります。なのであとは少しずつくせをつけていくだけの話です。鼻の軟骨にくせをつけることで鼻の形を固定していくのです。鼻をつまむことで形を綺麗にしたいのであれば、まずは今説明したポイントを覚えておいてください。

次につまむ場所の問題です。鼻をつまむといっても正しい場所をつままなければ意味がありません。「鼻をつまむ」という言葉から、腋臭の人や動物などの臭い物の近くにいる時のように小鼻をつまんで鼻の穴が閉じるようにつまむことをイメージしがちですが、それは間違ったやりかたです。小鼻をつまむと確かに穴がつぶれてなくなりますが、このつまみ方は意味がありません。

豚鼻を解消したい人が目指すのは、前から見たときに鼻の穴が見えない状態のきれいな形の鼻です。なので小鼻をつまんだところで無駄なのです。そこをつまんでもただ穴がつぶれてちょっと息苦しくなるだけです。形にくせをつけられるほどの固さも無いため、ずっと摘みつづけてもなんの変化も起こりません。

正しい鼻のつまみかた

鼻を摘むときの正しいやり方は、場所が重要になってきます。どこを摘むかで効果の現れかたが違うと言っても過言ではありません。先ほど説明した事で小鼻の部分を摘んだところで無駄だということは理解したと思いますが、では鼻の穴が見えないようにするためにはいったいどこを摘めば良いのでしょう?

鼻を摘むときには正しい場所を摘まなければ意味がありません。つまんで意味のある場所はどこなのでしょう?正解は、鼻の頭少し上の部分です。鼻の頭の部分を摘めばなおると思っている人もいますが、その人は間違いです。少し試して見れば分かるのですが鼻の頭の部分の少し上を摘むと、鼻の頭が下に下がって鼻の穴が丸見えになっているいままでの状態から少し下向きになって見えなくなることが分かると思います。

逆に鼻の頭を摘んでみてください。鼻を尖らせる事には効果があるとは思いますが、鼻の穴が見えるのを治したい人が目的とするものではありません。鼻の穴を見えないようにしたいのに鼻の頭をつまんでいて果たして治るでしょうか?答えはわざわざ言わなくてもお分かりだと思います。

間違ったやり方をすれば間違った結果になるのは当たり前です。豚鼻を治したいのであればそのための正しいやり方をしましょう。

スポンサーリンク