デブになると豚鼻がひどくなる

豚鼻は肥満とも関係があります。実は肥満はただ太って暑苦しくなるだけではありません。豚鼻が酷くなるという悪影響もあるのです。

一体なぜ太ると鼻まで豚っぽくなるのでしょう?まずは豚鼻と肥満との関係について説明していきたいと思います。

デブは人間的にレベルが低いとみなされるだけでは済まない

容貌を気にする方なら誰もがデブにはなりたくないと思っていることでしょう。

・単純に太っているのが情けない
・体系が醜い、デブ顔でますます醜い
・なんか汗かいてて臭いし気持ち悪いし一緒にいるだけでレベルの低い人間になった気がする
などなど・・・

これらが一般的に人がデブは嫌だ、デブにはなりたくないと思う理由です。肥満は自己管理能力が欠如している証拠なので、人格的にも成長せずに幼稚なままのわがままな人間であるとみなされます。人々がダイエットに勤しむわけです。

しかし我々にとっては人格などどうでも良い話です。そもそも「顔は悪くても心は綺麗」なんていったところで誰も耳を傾けてくれなどしません。せいぜい帰ってくるリアクションは「不細工が負け惜しみ言ってるなぁ」くらいのものです。むしろ重要なのは太ることが見た目に影響するという事でしょう。

実は肥満はただ太って顔に肉が付くだけではありません。"デブ"は豚鼻と深い関係があるのです。その関係とはタイトルにもあるとおりデブになると豚鼻がひどくなるという事です。

太ると鼻まで豚っぽくなる?

太ると豚鼻になります。
太ると豚鼻になります。

大切な事なので二回書きました。人はなぜか太ると鼻が上向きになって鼻の穴が見えやすくなります。まわりの太った人間を思い出してみましょう。デブの豚鼻率が高い事が分かるはずです。

一体どのようなメカニズムで肥満が鼻の形に悪影響を与えているでしょうか?まず人が太ると顔にも当然肉が付きます。顔の中でも特に頬やあごの下など、頬骨から下は脂肪がつきやすいエリアです。あまりイメージが沸かないかもしれませんが、太るとき鼻の下のあたりも当然太ります。実際触ってみるとなかなか肉付きの良い部位だと言うことがわかるはずです。この部分は思いのほか脂肪がつきやすいのです。そしてこのあたりに肉が付くと皮膚が下に引っ張られて、豚鼻になります。分かり辛い方は鼻の下を下に引っ張って見るとわかりやすいです。

逆に言えば太っていて豚鼻に悩んでいる方には朗報です。豚鼻は骨格と軟骨という顔の骨組みレベルで決まっていると思いきや実は肉付きの問題でもあります。ということは鼻が上向きで鼻の穴が丸見えな人は痩せれば少なからず豚鼻が治る可能性があるということです。とにかく顔から余分な肉を落としましょう。

余分な肉が付くといえば「顔のむくみ」も理由の一つです。脂肪だろうがむくみだろうが顔の肉が大きくなることには変わりありません。もし体はそれほど太っているわけではないのに顔がアンバランスだったらむくんでいるせいだという可能性を疑ってみるべきです。この場合もむくみをなくすことで、顔の肉を落とせます。

顔の肉を落としたい人  ゲルマニウム小顔サウナマスク

豚鼻を治したくてもし太っているのならダイエットにチャレンジする価値アリです。だって少なくともデブは治るんですから。

スポンサーリンク