鼻を小さくする方法 鼻ヤセ

鼻がデカいと惨めです。幾ら目鼻立ちが整っていよう無関係に、マヌケな顔だという印象を持たれてしまいます。

ここに来られた方たちのことですからきっと目鼻立ちも整っていないと思うので、ただでさえ致命的なルックスにさらに追い討ちをかけられることになります。

しかしデカイなら小さくすればいい、鼻の無駄肉を運動で引き締めたり痩せて落とせばよいのです。

鼻を小さくするにあたって

基本的な考え方として、まず顔は肉でできています。そして肉がついているなら痩せればいいのです。なのでデカい鼻を痩せさせるために、顔痩せしてしまいましょう。鼻だって顔の一部です。

デブと鼻の関係についてはデブになると豚鼻がひどくなるも見てみましょう。

具体的なやり方ですが、とにかく顔の肉を落とします。鼻を小さくするためには鼻運動だけでなく、顔自体を温めたりして血行をよくしたり、とにかくデカ顔の原因ともなっている無駄な水ぶくれを落とします。

鼻ヤセのやり方

顔全体を痩せさせることと、鼻自体を引き締めて小さくすることの二つの方向からアプローチします。

顔ヤセ
:とにかく汗をかいて顔のむくみをとり、顔から無駄な肉を減らします。むくみが取れることで同時にぼってりしたまぶたや鼻も引き締まり、キリッとした顔つきになります。

鼻を引き締める
:集中して鼻筋の筋肉を鍛えます。ぼてっとした鼻筋は引き締めることで小さく見せることができます。

鼻筋を鍛えるときは、鼻が細く見える力の入れ方を鏡で確認し、それを何度も繰り返します。暇を見つけたら力を入れては抜くのを繰り返すといいでしょう。

これらはどちらか片方だけではなく両方やることが大事です。

顔全体を引き締めれば目鼻立ちも引き締まる

むくみは団子鼻を悪化させる原因の一つです。なので顔痩せしてスッキリした顔になれば、目鼻立ちがすっきりして団子鼻も少しはマシになるかも知れません。

浮腫んでいるせいでぼてっとした鼻になっている方は、溜まっている余分な水分を排出させてむくみを取れば目鼻立ちがはっきり出るので、鼻だけではなく目つきもキリッとしてきます。

鼻がぼてっとしていて悩んでいる方は、一度顔のむくみを取ってみてはいかがでしょうか?顔のむくみを取るためには顔の血行を良くして汗をかいたり、余分な水分の排出を促すカリウムなどの成分を摂取することが大切です。

顔から汗が出にくい人  ゲルマニウム小顔サウナマスク

一番良いのは運動などの習慣をつけることです。鼻だけではなく顔全体も痩せることができるので一石二鳥です。

スポンサーリンク