鼻筋を通して団子鼻を治す方法

鼻筋が通っていないぼやっとした鼻は団子鼻の特徴の一つです。

すっきりした目鼻立ちは綺麗な人の特徴としてよく言われますが、鼻筋が通っていない人間としては「鼻筋が無いとどうなんだよ」と愚痴の一つでも言いたくなるものです。

そんな太い鼻筋を細く治して、団子鼻を矯正するにはどうすればよいのでしょうか?ここからは鼻筋を通す方法を説明していきたいと思います。

そもそも鼻筋とは?

そのためにはまず鼻筋とはなにかについて整理しましょう。鼻筋とは鼻の付け根から鼻先までの三角錐のような部分です。鼻の断面図があったとしてアルファベットのAの-から上の部分です。この鼻の峰の部分が丸かったり太かったりすると、いわゆる鼻筋が太い、鼻筋が無いといわれる状態になります。鼻先まで丸いともうパーフェクトな団子鼻ですね。

では鼻筋をすっきりと細くして団子鼻を治すにはどうすればいいのでしょう?団子鼻の人間としては避けては通れない困難です。このままではずっとブスなせいでいじめられたり、もう生きたくないなどと考え続けなければいけません。そんな人生を避けるためにも頑張ってなんとか鼻の形をきれいにする努力をしましょう。

鼻筋を通す方法とは

その鼻筋を通す方法とは、鼻筋マッサージをする事です。

鼻筋マッサージは鼻筋を人差し指で軽く刺激して行います。他のサイトなどで解説されている鼻筋を細くするマッサージは、鼻筋全体を刺激するものが多いです。しかしここで紹介する方法では鼻筋の峰の部分、Aのてっぺんの部分だけを刺激します。

鼻筋マッサージのやり方
1:鼻の下を伸ばして鼻の皮膚を突っ張らせる
2:人差し指を鼻筋の横ではなく上の部分に当てる
3:そのまま指を上下させて10回ほどマッサージする

注意点としてまんべんなく、力加減を一定にしながら鼻筋をマッサージしましょう。鼻筋をマッサージするにもつい力が不揃いになってしまいがちです。より万全を期したい方は鼻筋専用のローラーなども実はあるので、うまく行かなかった方は試してみると良いかも知れません。

マッサージを失敗したく無い人  美鼻ローラー

以上が団子鼻な鼻筋を治すマッサージのやり方です。あまりやりすぎると鼻に負担で良くないので、一日数セットほどにしておきましょう。

スポンサーリンク