鼻を高くする3つの方法

鼻を高くするためには3つの方法があります。どれも鼻が低いことに悩んでいる人がコンプレックスを解消するためのものです。もちろん整形などをせずに鼻を高くする方法なので、今読んでいる方は実践してみることをおすすめします。

まずは本題に入る前に鼻が低いとはどのような事なのか整理したいと思います。

そもそも鼻が低いとは?

よく鼻が低くて悩んでいるといいますが、そもそもそれはどういう意味なのでしょうか?つまり、”鼻が低い”ことは具体的に何を意味するのかと言うことです。考えられるものとして以下の種類があります。

1:根元が低い=唇の上の小鼻が始まる位置が低いので穴がむき出しになっている
2:付け根が低い=眉間のあたりの鼻が始まっている位置が低い
3:横から見たら低い=横から見たときに鼻が前に出ていない

鼻が低いと一言で言ってもこれだけのバリエーションがあります。もちろん言葉は同じであってもこれでは悩みに応じた”鼻を高くする方法”もまたそれぞれ違うものになります。

本来であれば別の言葉が当てはめられるべきものが一つの言葉に集約される事で、治すための方法を頑張って探しているのに自分の考える”鼻の低さ”を解消する情報にたどり着くことが困難になっているのです。

タイプ別・ぺちゃ鼻対策

鼻を高くするためにはそれぞれのタイプに応じた解決策が必要です。まず一つ目の根本が低いタイプですが、これはいわゆる豚鼻です。この言葉を避けるために"低い"とおっしゃっている方は悔しいとは思いますがメニューから豚鼻の解消法をご覧ください。

さて、本当の意味で鼻が低いのは”付け根が低い”と”横から見たとき低い”の二つです。なのでこの二つのタイプの鼻を高くする方法をここから紹介していきます。

鼻の付け根が低い:鼻を高くしてごまかす(豚鼻Categoryから)
この場合は当然その部分を高くしなければなりません。なのでそこを刺激する事がメインです。
具体的には付け根部分をグリグリして刺激によって高くしようというものです。元々鼻を高くして豚鼻を隠蔽する目的で紹介しましたが、付け根を高くするにはうってつけです。
熱心な方は鼻筋系の記事も参考にできます。

横から見た鼻が低い: 低い鼻が整形せずに高くなる1日3分の運動(高くするCategoryから)
この場合は鼻の先の部分を高くする方法が取られます。
こちらは顔の歪みに着目した方法です。顔が歪んでいるせいで、顔の中心が凹んでいる方が結構いらっしゃいます。そんなこと無いと思う方は鏡で横顔を見るべきです。軽くトラウマになり新しいコンプレックスが増えること受合いです。
さてこの場合、顔の凹みを治せばそれによってほっぺたの部分が正しい位置に収まって鼻が高くなります。横顔美人にもなれて一石二鳥です。

ぺちゃ鼻全タイプ:ノーズクリップ法(豚鼻Categoryから)
鼻のコンプレックス界のスタンダート、伝家の宝刀ノーズクリップです。誰もが知っている方法ですが、それはつまり王道であると言うことです。
挟んで軟骨を変形させて高くするという、誰もが一度や二度耳にしたあの理屈であなたの鼻を高くしてくれます。
どのタイプでも対応できるので無難。


鼻を高くする3つの方法でした。どれも低いのがすぐに治るというものではありませんでしたが、地道にコツコツ続けることで効果が少しずつ出てくる方法です。好きなものを選んで自分に合いそうかどうか判断してみてください。

スポンサーリンク