鼻の軟骨を変形させる方法

鼻の軟骨はある程度は変形します。幸いな事に鼻にコンプレックスはあっても、鼻に軟骨が無い人はいません。なのでその変形する性質と成長を利用して鼻を高くしようとするのがこの方法です。

鼻に悩みを持つ人の中でも中学生や高校生ぐらいの若い方は多少有利と言えますが、ものが軟骨なのでそれほど神経質になる必要はありません。年齢に関わらず、軟骨は変形します。変形を利用して鼻を高く矯正できたという話を見たことがたくさんある事を思い出せば分かる通りです。

鼻の軟骨について

鼻は軟骨なので変形させることができます。例えばですがヘルニアという病気がなぜおきるのかご存知でしょうか?あれは骨と骨の間の軟骨が押しつぶされて変形することで、神経を圧迫するために激しい痛みが発生するのです。変形による神経の圧迫が原因なのです。ここからも分かる通り、軟骨は圧力を与えると変形させることができます。

実際に今試すために少し手を離して、自分の鼻を押してみましょう。そうすれば鼻の形をグニグにとが曲げたりして形が変わる事がわかると思います。鼻を矯正する方法は、このように軟骨の変形を利用して鼻を高くしたり鼻の穴を見えるのを治そうとするものがメジャーです。

鼻の軟骨を変形させるには

変形することは上で説明した通りですが、ではどのようにすれは形を変えられるのでしょう?変形の原因を思い出してみましょう。軟骨がずっと圧力を受けつづけて、その状態が固定化したことが原因でした。

なのでこれを鼻に置き換えてみましょう。鼻の形を歪ませた状態で、それを固定すれば良いのです。つまり、同じ力をかけつづけることができれば良いのです。

では具体的にどうすれば良いのでしょう?一番よい方法はノーズクリップなどで摘むことです。

ノーズクリップ法

鼻の軟骨を変形させるにはノーズクリップが一番楽です。緩くした洗濯バサミなどであればほっといても一定の力をかけつづけてくれます。上の理屈を元に考えると、どうしても鼻の形を矯正したいと思っている人のベストな選択肢はこのノーズクリップによる方法になってしまいます。

過激な鼻矯正に走る人たち

軟骨の変形による矯正に比べてもっと手っ取り早く鼻の矯正をしようとする人たちもいます。それも過激で危険な方法でです。

美容整形などでは骨を削ったりするらしいですが、これは手術なのでまだ安心です。何だかんだで体への負担を最小限で抑えるために考えつくされているからです。しかし手術を嫌がる人たちの中にはとんでもないアクションを起こす人がいます。よく「鼻の骨が折れて鼻の形が変わった」と言いますが、それを鼻を高くしたりするために応用しようとした人たちです。

具体的にどうやるかはなんとなくわかりますが想像したくありません。そもそも結果的には整形と何も変わりません。体を大切にしているのではなく、単純に整形したという経歴を残さないためです。むしろダメージは整形以上ですし、余計醜くなるリスクも高いのです。

追い詰められすぎておかしくなっても絶対に真似すべきではありません。素直に鼻を整形してまわりには骨折とでも言っとけばすむ話です。こんな危険なマネだけはしてはいけません。

スポンサーリンク