鼻の形が悪いと他が良くてもブサイクという現実

鼻が綺麗な形だと、顔立ちが整っているという印象を与えます。鼻は顔の中心にあるため、美人かどうかは鼻で決まるとさえ言うほどです。

逆に他のパーツが整っていても挽回は難しいのが現実です。目や口が綺麗でも、鼻が醜いとブサイクに見られてしまいます。鼻がどれほど印象に影響を能えるのかを中心に、なぜ鼻が汚いと顔まで汚く見られてしまうのか解説していきます。

鼻の重要性

鼻の形が悪いと、当然ですがそれ以外のパーツが整っていてもブサイク扱いされる自体に直面する可能性が高まります。本人が気づいていなくても、回りは気づいています。そして本人への評価は気づかないうちにブサイクまたは準ブサイクとなります。理不尽極まりないですね。

これは見聞きした話ですが、お酒の場などの接客業でキャストと呼ばれる女性を雇うとき、合格不合格を横から見た印象で決めるらしいです。単純に横にすわって接待する仕事だからというだけではなく、横から見て顔があまりパッとしない場合正面から見たときもよくみるとあまり美人でない事は多いからです。

冒頭で説明した様に、美人かどうかは鼻で決まります。それくらい、鼻の印象は大切なのです。

悲しいことにいくら自分ではブサイクでは無いと思っていて何かしら根拠を示せたとも、顔の評価をするのはあくまで他人なのです。本人がどう思っていようが事実は客観的です。むしろ客観評価は自己評価の逆を行くと言っても良いでしょう。むしろ「自分は違う」と言いはる人ほど、顔をよく見てみると悪いところがある事を覚えておくべきです。

さらに言えば「自分は美人だ」と言えば言うほど評価は下げられることでしょう。人の心証を考えれば当然の事です。

鼻が汚い場合どうすれば良いのか?

鼻が汚い場合の一番の問題点は、根本的解決策以外に道が無いことです。

例えばですが、顔がデカくて困っている人であれば、髪型なり帽子なりでなんとか出来ないことはありません。あのアイドルユニットみたいに触覚をつければ多少ブサイクでも衣装との兼ね合いでむりやり雰囲気美女にすることが可能です。目が小さくてもアイプチなりつけまつ毛なりしておけば偽装できます。しかし鼻の場合顔の中心です。例えば鼻の穴が見えるからって鼻の穴に栓をすれば良いわけではありません。ブタ鼻は辛いですね。

他の鼻の場合も状況は厳しいです。化粧で何とかごまかすにしてもなかなか厳しいものがあります。

詐欺メイクという言葉をご存知でしょうか?詐欺メイクとは殿方が化粧で化けた美しい女性をみて、ノーメイクのときとのその美貌のあまりの落差に腰を抜かしてしまうほど上手なメイクの事です。顔面偽装表示という言葉で表されることもあります。

さてこの詐欺メイクですが、TVでもときたま取り上げられます。その場合ビフォーとアフターを見ることの出来るのですが、この詐欺メイカーたちの顔を良く見てみると一つ気がつくとおもいます。彼女達は確かに地味だし目も一重だったり唇が変な感じだったりといろいろですが、鼻は特別変ではないのです。鼻以外が変なだけで、むしろ鼻という部分だけに着目すればむしろ整っているとも言えるのです。

ここから恐ろしい事実が一つ浮かび上がります。それは鼻は化粧でごまかしきれないのではないか?と言うことです。確かに化粧をすれば多少マシには出きるでしょう。少なくとも外に出たとき指をさして笑われない程度にはなるはずです。しかしです、これらはあくまで補うレベルでしかありません。化粧で目を美人に、化粧で口元を綺麗に、化粧で輪郭を魅力的にしている人たちは確かにいます。しかし化粧で鼻を魅力的に出来る人がいるでしょうか?あくまでマシにするのが限界に思えます。

鼻は他の顔のコンプレックスに比べてごまかしが効かず見た目への影響も強い、ある意味二重苦といっても過言ではありません。ちなみにこれで異性に相手にされなかったり友人から笑われたりしたら三重苦四重苦です。

では鼻の形が悪いせいでブサイクな人間はどうすればよいのでしょう?バカしてくる人間や「自分よりブスな子を励ましてあげるワタシ」な人の優越感のネタにされるのはもうこりごりだと思います。結局のところ日々の地道な努力を繰り替えして、鼻の形を何とか整えていくしかありません。他に解決策は無いのです。

スポンサーリンク