鼻を高くする鼻叩きの正しいやり方

鼻が高くなると何かと人気な鼻叩きですが正しいやり方をご存知でしょうか?間違ったやり方で失敗したくない人のために、正しい鼻叩きのやり方を解説していきたいと思います。

鼻を高くする方法としては効果が高いという声が非常に多い方法ですので鼻の低さにコンプレックスがある方は参考にしてみてください。

なぜ鼻が高くなるのか?

鼻叩きとは、文字通り指先で鼻筋をコツコツとすることで刺激を与え鼻を高くする方法です。鼻の低さに悩んでいる人たちの間では「効果があった」という声の多いコンプレックス解消法です。美容整形には抵抗があるけれどもコンプレックスは解消したいという人の間ではとても人気があります。
シンプルな方法なのでそんなことで本当に効果があるのか?と思う人もいるかも知れません。しかし具体例が実は身の回りにもたくさん存在しています。

一番わかりやすい例としては、空手などをやっている人などの手があげられます。普通の人よりも明らかに手がごつく、券頭が大きくなっています。これは空手の練習によって体が繰り返し衝撃を受け、それに耐えるために手の皮膚や骨が成長して丈夫になった結果なのです。人の体にはこのような性質があります。

もちろんこの性質は手に限ったものではありません。手の骨と同様に鼻の骨でも起こります。これを利用している高鼻育成法がこの鼻叩きなのです。

鼻叩きに向き不向きはあるか?

若い人のほうが比較的効果が高い様です。成長が活発な若年者の方が効果が出やすいのは仕方が有りません。

若い人間は成長して多少顔つきの変化があるのは普通です。なので容姿コンプレックスがある人間の中にはしらっとプチ整形して長期の休み明けをいいことに「成長した」などと言うような人間もでてきます。そんな言い訳もある程度説得力を持つのが若者なのです。

とはいえ成長期が過ぎていても諦めてはいけません。例えば若者で無かったとしても、比較すれば時間こそかかるものの怪我をしてもしばらくすれば治ります。そして体の一部である鼻の骨だけ特別扱いにはなりません。なので成長期が過ぎていても時間の差はあれど正しいやり方で継続してやれば、いずれ効果がでて鼻が少しずつ高くなっていくでしょう。

継続さえしていれば遅かれ早かれ期待する効果は出てきます。

鼻叩きの正しいやり方

鼻叩きの正しいやり方は非常にシンプルです。人差し指で高くしたい鼻のラインにそって、まんべんなくコツッコツッと軽くやるだけです。指で鼻に衝撃を与えることで少しずつ高くしていきます。

また鼻の骨には固い部分と柔らかい部分がありますが、どちらもやり方は変わりません。

やり方
1 鼻をコツコツと指先で痛くない程度の力で上から下に沿って叩く。固い骨の部分ではやや強く、軟骨ではやや弱く。
2 下まできたら今度はまた上にもどる。往復してはいけない。
3 指先でコツとするのを1回として、400回ほど行う。

2で往復しないのは、往復すると鼻の真ん中にだけ刺激が集中してしまうのを防ぐためです。真ん中だけ高い人になるなんて、そんなのイヤです。

3ではあまりやりすぎ内容に注意しましょう。コツっとするのがカウント一回です。大体鼻の付け根からやっていって下まで行くのが10回にするとカウントもまんべんなくするのも調整が楽です。

鼻叩きは鼻を高くするための方法ですが、同時に鼻の骨が大きくなる方法でもあります。高くなると同時に大きくなる可能性もあるのです。できるだけ鼻筋の横にずれないように、上手にやるようにしましょう。

もしこれ以外の方法でも良いのであれば、似たような方法で鼻の軟骨を内側から持ち上げて鼻を高くする方法もあります。

鼻叩き以外の方法が良い人 : BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

また、鼻叩きと同様に骨に注目して鼻の形を治そうとするのが顔整体です。骨の成長を促す代わりに、歪みを取ることで問題を解決する方法です。

鼻の形を整体でキレイにのページでも解説しましたが、顔整体といえば鼻を高くしたり小顔にしたりということで有名です。

なにより整体であれば骨の歪みを矯正することで手術せずに小顔にしたり顔立ちをハッキリさせたりすることができます。興味のある方は整体院のように整形以外の美容法を利用する選択肢もあるのだということを覚えておくと良いでしょう。

鼻の低さを解消する方法は一つではありません、自分に向いていると思う方法を地道に継続することは一番大切です。期待し過ぎると継続できなくなるので、焦らずに淡々と続けてください。大切なのは習慣化です。

スポンサーリンク