ミヤビ法とは何なのか?

ミヤビ法のやり方について説明していきます。

鼻が低い人にすすめられる方法として有名なミヤビ法ですが、鼻のコンプレックスを解消するためにチャレンジしてみたい方は、ぜひこの機会にやり方をおさえておきましょう。

やり方だけ知りたい方は一番下だけしか読まずに大丈夫ですが、時間のある方は読み飛ばさず最初から読み進めることをおすすめします。

ミヤビ法とは

鼻が低い人たちは日々コンプレックスを解消すべく精進しています。その継続的な努力をするひたむきな姿勢はまさに一流アスリートにも引けをとりません。

実際コンプレックスがある人の頭の中は常にそのことでいっぱいです。鼻の低い人たちの頭の中は、自分の低い鼻のことで埋め尽くされています。そんな低鼻コンプレックスの苦しみのなか考え出されたのがこのミヤビ法です。雅法とは言わないようです。主に低い鼻を高くすることを目的として行います。

やり方も非常にシンプルで、低くて困っている部分をグッと持ち上げることで鼻を高くします。特別な道具も準備もいりません、気が向いたときに手軽にできるというメリットもあります。

鼻を高くするための方法として一躍大人気になったこの方法は、「効果があった」「いや、高くならなかった」と賛否両論ながらたくさんの人たちが実践してきました。

今までこの方法を知らなかった人には必ず一度試してみて欲しい解消法です。

ミヤビ法のやり方

ミヤビ法は鼻の低い部分を指で下から上に持ち上げるイメージで押し上げて高くする方法です。細かいやり方について説明していきます。

ミヤビ法のやり方
1:鏡で横顔を見て、鼻のどの部分が低いのかを確認する。
2:両手の人差し指で1で調べた低い部分の付け根のあたりにおく。
3:そのまま指でしばらく上に持ち上げる。両手の力が均等に、かつ力を入れすぎないように気をつける。

1で鏡で低い部分を調べるときに、指で上に持ち上げて思った通りの場所が高くなるかを確認しましょう。変なところが高くなってへんてこな鼻になっては困ります。

また、2では上に持ち上げることを意識しましょう。つまむのではなく押し上げます。方向も前ではなく上です。

3では、力の入れすぎに注意しましょう。こういう方法はなぜか「力を入れるほど効果的なんじゃねえの?」と思いがちですが、強くやれば良いというものではありません。痛くならない程度の力と頻度で行いましょう。

以上がミヤビ法のやり方です。これを継続して行って効果が出た人は少しずつ高くなっていきます。もし「そんなことない!自分はいっきに高くなった」という人がいたら整形外科の方で見てもらった方が良いでしょう。それは力の入れすぎでおかしくなっています。

あせらず、毎日少しずつ続けていきましょう。

スポンサーリンク