鼻の穴が見えないように隠す方法

鼻の穴が見えるというのは近年の外見で人の価値を評価する社会ではかなりのマイナスポイントです。そのため鼻の穴が丸見えになっているのを隠そうと、容姿にコンプレックスのある人達は涙ぐましい努力をします。

要は鼻の穴を小さく見せることができればそれで良いのですが、現に世のコンプ持ちの方たちは様々な方法を発明し実践しています。彼・彼女達はどのような方法をしているのでしょうか?

実際にコンプ持ちの人達が最も実践している鼻の穴を隠す方法がどのようなものか紹介していきたいと思います。

顎を引けば鼻の穴を小さく見せられる

誰もが思いつく一番つまらないやり方といえばマスクで顔を隠すことです。たしかに鼻のコンプレックスを隠すには完璧ですが季節によっては不自然ですし、なによりエレガントさがありません。

より洗練されていてシンプルに鼻の穴が丸見えなのを誤魔化す方法が必要です。

そういった悩みに対する世のコンプ持ちの人達のシンプルかつエレガントな対処法があります。それは「うつむく」ことです。顔を常に真正面ではなく20度ほど下にうつむけることによって鼻の穴が大きいのを誤魔化すという方法です。一見単純にしてこの方法は様々なメリットがあります。

メリット1:顎を引いている姿がシャキッとして見える
いわゆる人がかしこまって気を引き締めている時の姿勢と、この顎を引いて顔をややうつむけている姿勢は同じです。鼻の穴を隠すと同時に真面目でエネルギッシュな印象を与える事が出来ます。

メリット2:女の人であればちょっとかわいく見える
誤解が無いように前置きしておきますと、鼻の穴が大きい時点でもちろんその女性は美人ではありません。ここで重要なのは顎を引いていることで自然ち上目遣い気味になり、顔の輪郭もややシャープに見えると言うことです。つまり同じ鼻の穴が丸見えでゴリラのような顔の人が2人いるとすると、顎を引いている方がマシであるということです。

メリット3:季節を選ばず道具もいらない
例えばマスクであれば夏は不自然です。鼻にコンプレックスがある人間は往々にしてマスクを付けたがるものですし、マスクをつけてちょっとイケメンになったり美人になったつもりになるという勘違いをするものですがこれは季節限定です。それにいくら冬であってもいつもマスク姿というのも、「ああこの人鼻の形が変だからごまかしてるんだな」という疑念を見る人に持たせてしまいます。その点少しうつむくこの方法は鼻の穴を小さく見せる事が出来て時間も道具もいりません。

このようにちょっと顔をうつむき加減にするというのは鼻の穴が見える事がコンプレックスな多くの人達の間で実践されています。もしこの方法を使っていないのであればこれからは少し顎を引いて過ごしてそれが自然な姿勢になるようにすることをおすすめします。

もちろん鼻の大きさは変わっていませんが、大切なのは見る人の印象です。むしろ鼻の穴が大きい人ほど簡単に効果が挙げられる優れた方法なので、調子に乗ってうつむきすぎないように気をつけながら実践してください。

鼻の下を持ち上げると穴が隠れる

もうひとつの方法は鼻の下を不自然にならない範囲で持ち上げる方法です。鏡の前で確認してみるとわかりますが、小鼻ごと持ち上げられて穴が少し隠れることが解ると思います。こちらも前者の方法と同様に鼻の穴の大きさ自体は変わりませんが、向きが前ではなく下になるため正面から見た時にやや豚鼻を隠す事が可能になります。

豚鼻は穴が真正面から見える様になっているものなので、鼻の穴の向きをこうして表情の力で下に変えれば見えなくなります。やり過ぎると法令線がつきますが、自然なレベルでやれば問題はありません。

さてここまでくればみなさんの頭の中にもコンプ隠しのための素晴らしいアイデアがわいたはずです。そう、顎を引いて顔をうつむき加減にする方法とこの鼻の下を持ち上げる方法を併用することで鼻の穴が真正面から丸見えな人であってもかなりマシに見せることが可能になるのです。

この鼻の穴を隠す方法のポイントは、二つの方法をバランスよく組み合わせるとあまり不自然な表情にも顔の角度にもせずに鼻の穴が見えないようにカバーできる点です。

完璧ではありませんし始めのうちは不自然になってしまうかも知れません。しかしそこは努力次第で補えます。バランスよく二つの方法を活用することで鼻の穴を小さく、あるいは隠す事で堂々と人前で顔を出せるようになるはずです。

上手にできるように横からも鏡などでチェックしながらぜひ練習してみてください。

スポンサーリンク