ぺちゃ鼻を治すのが自力では難しい理由

ぺちゃっと潰れたかのような形の通称ぺちゃ鼻はあまりいい印象を与えません。鼻の穴が見えるよりは少しはマシですが、容姿をまさに「へちゃむくれ」に見せることは間違いないでしょう。そもそもぺちゃ鼻は何が原因なのでしょうか?

コンプレックスになりやすい鼻の形は様々ですが、ぺちゃ鼻の人はとても野暮ったく見えるため劣等感を持ちやすいものの一つです。

原因を知ることが問題解決には必要です。一体何が鼻をぺちゃらせているのか理解していきましょう。

ぺちゃっている鼻

ぺちゃ鼻とはそもそもどのような状態なのでしょうか?特徴を挙げるなら、低く横幅が広くて穴も楕円形に横に潰れたような形になっている鼻のことです。一言で言ってしまうと「上から押しつぶされたような形」のため、ぺちゃ鼻と呼ばれているのです。

表現としてはかなり形のイメージの的を射た言葉になっているものの、それでからかわれる者にはなかなか厳しい響きです。ぺちゃなどと言われると先程も書いたように、顔の「へちゃむくれ」感がとても強く現れているように聞こえます。見た目の悪さだけではなく耳障りまでブサイクに感じられる響きがぺちゃ鼻には込められています。

ではぺちゃ鼻の原因であり問題点はどこにあるのでしょうか?

ぺちゃ鼻は分類上低い鼻というカテゴリの中に含まれますが、それだけではただ低いだけなので顔にそこまで悪い印象は与えません。鼻が低いだけであれば見る人が見れば童顔として若く見られたり愛嬌があるというメリットも考えられるのですが、そこに広い横幅という特徴が加わってぺちゃ鼻になるとただ見苦しいだけになってしまいます。

ぺちゃ鼻の一番の原因と問題は低いことではなく、低いのに横幅が広いことなのです。

鼻幅は狭くするのはなかなか難しい

鼻幅の広さというのはなかなか解決が難しい問題です。例えば鼻筋であれば力の入れ方やダイエットなどでむだな顔の肉を落としていけばかなりすっきりするので、団子鼻であったり鼻が低い原因が肉厚なせいな場合はそれで解消できることもあります。

しかし横幅自体が広い場合は豚鼻と同じくらい治すのが難しいのです。さらに言えば鼻の穴が見えるのであれば表情あったり俯いたりしてごまかせるのですが、ぺちゃ鼻の場合は原因である肝心の鼻幅をコントロールする選択肢が殆ど無いからです。

確かに小鼻に力を入れて少し細く見せることは可能ですが、完全にぺちゃっている場合はあくまで多少マシに見せられる程度です。

ぺちゃ鼻の原因である鼻の横幅が広いという問題は多少マシに見せるというのが限度なのです。高くして誤魔化すという方法もありますが、こちらの場合はデカ鼻になってしまうというデメリットが存在します。

現実としてこれは整形でもしなければ治すことは難しい悩みなのです。もしぺちゃ鼻をどうしても治したいのであれば諦めて鼻整形でもするか、あるいはなんとか鼻を高くして多少はマシなデカ鼻で妥協するという選択肢しかありません。

悪いデカ鼻かもっと悪いぺちゃ鼻かという厳しい選択肢を迫られるのが現実なのです。

スポンサーリンク