鼻のクレーター状のニキビ跡を治す方法

いちご鼻の悩みで一番深刻なのが「クレーター」でしょう。クレーターとはニキビが潰れた跡などが大きく凹んだまま残ってしまった状態のことです。クレーターを治すにはどうすれば良いのでしょうか?

クレーターは毛穴系の悩みの中でもかなり見た目がエグい部類に入ります。

例えば普通のいちご鼻のように毛穴が汚れていたり広がっている程度であれば、洗顔さえきちんとして角栓を取っておけばほぼ目立たないので特に問題になることはありません。また女性であればファンデーションなどで誤魔化す事も可能です。

しかし「クレーター」レベルまで悪化しているとビジュアルもかなりキツイため、どうしても目立ってしまい印象が良くありません。

クレーターになってしまった毛穴を元に戻すにはどうすれば良いのでしょうか?

洗顔剤は泡で毛穴を掃除する

実はちょっと広がってる程度の毛穴であれば、きちんと洗顔しつつ保湿等をして肌のコンディションを保っておけば治っていきます。鼻を注意して見なければ気づかないくらいの状態まで治す事が可能です。

ですがクレーターになるほど広がってしまった毛穴のニキビ跡は簡単には治りません。普通の洗顔を丁寧にしたり保湿などをしたところで凹んだところは凹んだままです。

ではどうすればクレーターになってしまったニキビ跡を治せるのか?方法は二つです。一つはクリームやオイルなどによるピーリングを気長に行うこと、もうひとつは美容皮膚科などに行くことです。

ひどいニキビ跡に効くピーリング系の洗顔剤とは?

ピーリングとは皮膚の表面=古い角質を特殊な成分の入った洗顔剤でこすり落とす事で肌を生まれ変わらせ、綺麗な皮膚にする事です。

オイルやクリームを使ったピーリングはエステなどで使われる本格的なものもあれば、ドラッグストアなどで販売されているピーリング系のグッズを自分で使って行う方法もあります。

クレーターになっている鼻のニキビ跡の凹んだ部分の古い皮膚をピーリングで取り除き、新しい皮膚に生まれ変わらせることで少しずつ元の凹んでいない状態に戻していきます。

これだけ聞くと手軽で良い方法に思えますが、欠点もあります。

まず1つ目の欠点は時間です。ピーリングは洗顔と違い毎日できるものではありません。皮膚が生まれ変わるのを待つ必要があるからです。脱皮をイメージするとわかりやすいと思います。皮膚が弱かったり薄かったりする人はもっと時間がかかるでしょう。

2つ目の欠点は治り具合です。あまり綺麗には治りません。大きく凹みから小さい凹みになる程度です。今の状態よりは良くなりますが、完全にクレーターが消える事はありません。ピーリングでは鼻のニキビ跡を小さくする事はできても消すことまではできません。

つまり市販のオイルやクリームを使ったピーリングは「年単位で少しずつマシになればいいかなぁ?」くらいの気持ちでやるものです。ちょっとでも小さくなってくれればいいやという人向けの方法なので、完全に毛穴のクレーターを元通りに治したいという方には向きません。

美容皮膚科は確実に治るが高い

美容皮膚科とはいわゆる美容整形の皮膚バージョンだと思ってください。傷跡を綺麗に消したり皮膚を若返らせたい人達に対して医療サービスを提供しています。

この美容皮膚科ではいちご鼻の広がった毛穴を治すような手術はもちろんのこと、クレーターのようになってしまっ鼻のたニキビ跡を消す手術もあります。

クレーター状のニキビ跡を治療する場合は、前述したピーリングの他に特殊なレーザーで皮膚の代謝を促し活性化させる(レーザーピーリング)方法や、ニキビ跡に熱を加えて再生を促す方法など、状態に合わせて様々な方法で治療が受けられます。

鼻のニキビ跡に本気で悩んでいるのであれば、一番効果的な治療が受けられる美容皮膚科はベストな選択肢です。ただし費用がトータルで30〜50万円くらいかかるので本気で治したい人以外にはあまりオススメできません。

とりあえず市販の顔用ピーリングクリームなどで様子を見て、どうしても治したいという方だけ美容皮膚科を利用すると良いでしょう。

また美容皮膚科はあくまで皮膚科です。事故や怪我の跡に悩んでいる人も利用する場所なのでそういう意味では美容整形とは違います。しかし美容皮膚科は美容整形を行うクリニックが運営している事も多いので、その麺では抵抗がある方もいるかも知れません。

ただし鼻のクレーターを治したい人には一番ベストな選択肢なことは間違いありません。

いちご鼻はきちんと洗顔して毛穴を触るのもやめる

おそらくクレーター状のニキビ跡がある人は現在進行形で鼻にニキビがあったり、毛穴が開いていて角栓がにょきにょき生えている方が多いと思います。

ニキビ跡の治療方法を探すことも大切ですが、同時にクレーターをこれ以上増やさないことも同じくらい大切です。

広がった毛穴を治すだけでも大変なのにクレーターを治すとなるとそれにかかる労力も時間もコストも桁違いです。

自分で行うピーリングや美容皮膚科の手術を受けるという方法を紹介しましたが、一番の方法は予防にエネルギーを使うことです。

どちらの方法を選ぶかは個人の選択次第ですが、どちらの方法を選ぶにしろ今以上にクレーターを増やさないようにいちご鼻を清潔に保ち改善する事を心がけてください。

スポンサーリンク